「Ipad」発売当日に購入!!

ぶっちゃけた話、購入する予定ではなかった「IPad」を本日の5月28日(金)に購入してしまった。根本的には電化製品が「大」が付くほど好きであり、今日発売の「Ipad」が実際にはどれくらいのサイズで重量はどれくらいで・・・、と興味本位で仕事帰りに新宿のビックカメラに寄ってみたのだが、それがそもそもの始まりであった。

すでに日本での発売が1ヶ月遅れということもあり、「Ipad」発売初日の今日、ビックカメラの店内は大勢のお客で一際にぎわっていた。私はビックカメラで、その「Ipad」を手に取り、触れて感触を試したかっただけなのだが、とにかく人が多かったため、残念ながら商品にさわることすらできなかった。

そこで私のいつもの悪いクセが出てしまった。「手に取れないならいっそのこと購入してしまえ!」と奮起してしまったのだ。しかし、その勢いとはうらはらに、店員から「商品の在庫はあるのですが、商品のアクティベート作業は本日予約が一杯ですので明日以降となってしまいますがよろしいでしょうか?」との説明があった。言い換えると、今日は商品を持ち帰ることができないということであった。すでに「購入する」という勢いが私の背中を押していたため、「すぐに欲しい・・・」と、子供のようなセリフが喉まで出掛かった。が、大人の対応で、「それでは、また後日、改めて来ます。」と、店員に言い残しその場を後にした。

店を出た私だが、驚いたことに、そもそも買うつもりもなかった「Ipad」への購買欲が更に炎上していった。そこで私は「新宿などの家電量販店は駅から近いため会社帰りの客も多い。そのため、競争率も上がってしまう。ならば駅にそれほど近くなく、会社帰りの客があまり行きそうにない家電量販店に行けばまだ可能性があるのでは?」と考えた。

私は早速、京王線で「ヤマダ電機本店」のある「八幡山」という駅に向かった。あそこは環状8号線と甲州街道が交わる道路沿いに位置しており、駅を降りてから少々歩かなけらばならない。やはり、環状線沿いという場所が場所だけに、車で買い物にくるお客が多い店なのである。よって、電車通勤の会社帰りの人たちがこの店にわざわざ来るとは思えない、というのが私の持論であり、それがまさしく的中したのである。

わたしが「ヤマダ電機本店」に到着したのが午後6:30。早速2階のパソコン売り場に行ってみた。すると、2台展示してあった「Ipad」の周りには誰も居なかった。「これはラッキー!」と心も躍ってしまう。誰も居ないのなら、と私は思う存分「Ipad」を手に取り、タイピングの感覚や機能や「Iphone」との違いなどを確認した。しばらくしてから店員がきたので、私は何の迷いも無く購入したい旨を店員に告げた。

店員は商品の在庫確認とアクティベートの状況を調べに行った。そしてしばらくして戻ってきた店員が、「40分ほどお時間をもらいますが、それでよければ本日お持ち帰りできます」、との嬉しい回答をしてくれた。私は受付カウンターに行き、手続きを済ませた。そしてアクティベート作業の間の40分ほど店内をウロウロして時間をつぶした。結局1時間ほど待って、商品を受け取ることができた。そして私は満面の笑みを浮かべながら帰路についたのである。一度「欲しい!」と思うと、何としてでも手に入れるこの性格を私の家族は「ワガママ」と呼ぶ。

まあ、こんなわけで、購入するつもりもなかった「Ipad」をこれから夜を徹して楽しみたいと思う。それにしても、数日前から「Ipad」を購入するため並んでいた人がいたとニュースでやっていたが、私みたいに事前予約もせず、当日行って購入できてしまった人もいるのだから、その並んでいた人の苦労は一体なんだったのだろうか?と、少々いぶかってしまう。

シンタ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中