3.11 「東北地方太平洋沖地震」の恐怖

2011年(平成23年)3月11日(金)午後2時46分に世界最大級のマグニチュード8.8の地震がおきた。(後にマグニチュード9.0と訂正されたが。)
昨日の大地震時、私は虎ノ門の職場で仕事をしていた。地震がきたときは、「まぁ、すぐにおさまるだろう・・・」と大して驚きもしなかった。しかし、その揺れはいつまでたっても止まず、それどころか、徐々に勢いを増していった。腰をぬかしたり、半べそをかいたりしている同僚もいた。私は少々不謹慎で、あの揺れのなか、デスクの下に身をかがめ、「あぁ、死にたくない・・・あぁ、死ぬ前にもう一度、焼肉が食べたかった・・・」と心底願っていた。そんな自分に、「アホか、こいつは」と自分自身で突っ込んでやりたくなったのは、揺れが治まった後のことである。

しかし、本気で「死ぬのでは?」と思ったくらい、もの凄い揺れであり、人生で初めての恐怖を味わった。都内でこれだけの揺れだったのだから、震源地(宮城県栗原市 震度7)とその周辺は言葉では言い表せられない程の揺れであっただろう。しかも今回は世界最大級の地震にともなう「津波」と「福島原発放射能漏れ」も同時に起こり、日本はこれまでにない最大の危機に直面することなった。

都内では、バスやタクシー以外の交通機関はすべてストップし、通勤者は徒歩で帰宅するか、帰宅難民となった。通りの自転車屋は大繁盛であったらしい。確かに、歩いて帰るくらいなら自転車で帰ったほうが何十倍も楽である。

そんな私は同僚と徒歩で帰宅。3時間30分ほどで到着したので、まあ、許容範囲であろう。幸いなことに翌日(本日)は土曜日だったので、足をゆっくり休ませることができた。帰宅するまでの3時間30分は、これまでに見たことのない光景であった。道という道を埋め尽くすほどの人々が歩いているのである。まるで「歩こう会」が開催されているのではないかと錯覚するほどであった。

そんな中、またしても私と同僚は不謹慎にも、コンビにでビールやチュウ杯を購入し、飲みながら歩いて帰ってた。地元に到着するころには出来上がっていたが・・・。おまけに、腹が空いたということで、ステーキ屋に入り、その字のごとく、ステーキを食べ、ビールを飲み、生きていることに感謝をした。その後、数十メートルと離れていない「つけ麺屋」にも入り、大盛りごまつけ麺を食べた。せっかく、3時間30分歩いて消費したカロリーがこれではパァーである。

冗談はさておき、本当に地震は怖い。もう来ないでもらいたいと強く願うとともに、被災に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げたい。

シンタ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中