シリーズ・サンタバーバラ(1)基本情報と生活環境

Santa Barbara Courthouse (郡庁舎)から望むサンタバーバラの町

私がかつて8年間ほど住んでいた、いわば第2の故郷でもあるアメリカ・カリフォルニア州・サンタバーバラの町についての情報をこれからシリーズでお届けしたいと思う。第1弾はサンタバーバラの基本情報と生活環境について少し書いてみたいと思う。

まずサンタバーバラという町は海と山に囲まれたスペイン風の町であり、一年を通して気候はとりわけ穏やかである。もちろんカリフォルニアといえども冬になれば寒くもなるし、夏になれば暑くもなる。ただ、年間を通してそれほど寒い時期が長く続くわけではなく、寒さ自体も日本ほどではない。つまり、日本(たとえば東京)よりは気候的に住みやすいと言うことである。夏は暑いのが当たり前。しかしサンタバーバラの夏は湿気がない分サラっとした心地よい暑さとなる。日差し自体は突き刺すような強さだが、やはり湿気がない分、日陰に入るとクーラーのかかった部屋にでもいるような、そんな清涼感がある。その証拠に、大概の家にはクーラーなどと言うものは存在しておらず、あってもほとんど使われない。シーリングファン(天井で回っているファン)で暑さはしのげるのがサンタバーバラの気候なのである。

次に交通に関してだが、やはり車が主流である。車のない人は自転車やバスを利用する。サンタバーバラは小さな町、とは言っても、やはり自転車で移動するというのは言うほど楽ではない。しかも、買い出しに出かけてもあまり持って返って来れない。バスはその点、楽ではあるがお金がかかる。毎日のことだからなお更である。学生は学生証を発行してもらうと、その学生証がバスのパスとなるのでいくらバスを利用することができる。これはありがたいシステムである。電車は一応とおってはいるが、Amtrak(アムトラック)という長距離列車のみとなっているため、町の中の移動には全く使えない列車なのである。となると、やはり自家用車を持たなければならないという結論に達する。私自身もサンタバーバラに到着して数ヶ月は車など買う余裕もなかったため自転車をメインに移動手段として利用していたが、やはり移動できる範囲が決まってきてしまう。近くまでなら車をわざわざ出さなくとも自転車でまかなえる。しかし、遠出となるとそうはいかない。結局、車を所有している人にたよってしまう。日本は車が無くとも電車やバス事情が大変発達しており、どこへ行くにも便利だが、アメリカはそういうわけにはいかない。広い土地を移動するにはやはり車が必要なのである。「車社会」とアメリカは言われているが、これはこの広い土地に住む人達にとっては不可欠なものなのだから仕方がない。ちなみにガソリンは日本の値段の約三分の一ほどで給油できる。車の利用数が多い分、ガソリン代は安くなっている。毎日使うものだから安くないと逆に困ってしまう。

Santa Barbara State Street (ダウンタウン・メインストリート)

さて、生活環境と言えばやはり安全面を気にしてしまうのではないだろうか?アメリカは危険な国、というイメージがあるが、サンタバーバラの町に関して言えばそうではないと言える。気候は穏やか、人々はフレンドリー、そして何よりも犯罪件数が少ない。毎日の新聞記事に物騒な事件の記事などほとんど無く、サンタバーバラで私が過ごした約8年で危険な目に遭ったことなど一度もなかった。のんびりとしたスペイン風の町が特徴のサンタバーバラだが、この土地はそもそも観光地であり、またアメリカ人にとっては避暑地でもある。大学や語学学校なども密集しているせいか、やはり学生が多いのもこの町の特徴である。大学生ともなれば夜遅くまでパーティーをしたり騒いだり、ということが頻繁になっているが、犯罪とつながる要素はそれほどない。しかし、静かに家族で住むなら学生が多く住む地区は避けた方が良いであろう。話は逸れたが、私が言いたいのは、サンタバーバラという町は現在の日本よりも安全で暮らしやすいと言うことである。まるでパラダイスという言葉がしっくりとハマる、そんな町なのである。

次に生活環境と言って思い浮かべるのはやはり自然である。サンタバーバラにはどれほどの自然が点在しているのだろうか?これは言うまでもなくサンタバーバラという町は自然に恵まれており、先程も少し説明したが、サンタバーバラは海と山に挟まれた町である。太平洋の海が目の前に広がり、後方にはサンタバーバラの美しい山々が連なっている。ハイキングコースは数え切れないほどあり、頂上からサンタバーバラの町と海を見下ろすことが出来る。ビーチも数多くあり、今後、このブログで徐々に紹介していきたいと思うが、とにかくビーチの施設はどこも充実しており、家族連れや友達同士、恋人同士などがビーチで楽しんでいる姿があちらこちらで見ることができる。また、公園も数多くあり、設備も充実している。海で海水浴ができ、山では森林浴を楽しむことが出来る。そんな環境をサンタバーバラは持っている。

十数年前からサンタバーバラの町を走るバスのほとんどがガソリンを使わない、いわゆるエレクトリックバスにかわり、地球にやさしいまちづくりを行っている。サンタバーバラの美しい景観を損なわず、安全で自然豊かなスペイン風の町、サンタバーバラにいつか訪れることがあったら、ぜひあなたもサンタバーバラの素晴らしい自然を楽しんでもらいたい。

シンタ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中