サンタバーバラ観光(ダウンタウン)

Downtown & Waterfront シャトル

ダウンタウン・シャトル

サンタバーバラ観光スポット紹介の第3弾はサンタバーバラのダウンタウンエリアである。

上の写真はダウンタウンの中心、State Streetを走るシャトルバス。このシャトルバスには2路線あり、State Streetを循環する「ダウンタウン」ルートと海沿いを循環する「ウォーターフロント」ルートがある。料金は1回利用するごとに50セントかかる。とりあえずこのダウンタウンルートで発着停留所のスターンズ・ワーフ入口(イルカの噴水がある)まで行ってみよう。そこから、今度は海沿いを循環しているウォーターフロントルートのシャトルに乗り、心地よい海風と青い海を満喫するのもよい。シャトルは10分から15分の間隔でやってくる。詳しい情報はココをクリック。

自転車レンタルショップ(スターンズ・ワーフ桟橋付近)

自転車レンタルショップ(スターンズ・ワーフ桟橋付近)

さらに、海沿いをレンタル自転車でサイクリング、というのも楽しいアクティビティーである。桟橋入口付近には自転車のレンタルショップがあるので、そこで借りてオーシャンフロントに沿って走るサイクリングコースを楽しむのもいい。サイクリングマップなどもあるので、自転車で町を巡るのも一案ではないだろうか。

Paseo Nuevo(パセオヌエボ)ショッピングモール

Paseo Nuevo(パセオヌエボ)ショッピングモール

さて、サンタバーバラ・ダウンタウンと言って思い浮かべるのがPaseo Nuevo。1990年にオープンしたPaseo Nuevo はステートストリートから一本となりのCastillo St.まで広がるショッピングモールを指す。このモールにはNordstrom やMacy’s などの大きなデパートを始め、通りの両側にはたくさんの店舗が建ち並んでいる。スクリーン5面の大迫力映画館や気軽に入れるカフェやレストラン、そして日本でももうお馴染みのAbercrombie & Finch 、Gap 、Banana Republic などのClothing Store もあり、毎日この通りは人々で賑わっている。

また、ダウンタウンのメインストリートであるステートストリート沿いにも沢山のブランド店や小物などを扱ったストアーが軒を連ねている。ステートストリート沿いをウィンドウショッピング、なんていうのもなかなかよいものである。歩いていると気がつくと思うが、椅子やテーブルが歩道に飛び出ている。邪魔だな、と思ってしまうのは私の性格のせいなのか???とにかく、気候もいいので外で食事、何ていうのはサンタバーバラではあたりまえ。しかし、公共の道に椅子やデーブルを置いてしまうなんてさすがアメリカ。しかし実際はお店側がちゃんとサンタバーバラ市にお金を払っているとのことである(なるほど、それでは文句は言えないな・・・)。

ダウンタウンエリアには他にもサンタバーバラ美術館や歴史博物館、市庁舎(裁判所)や図書館などなど、たくさんの観光スポットががある。サンタバーバラに来た時は、是非とも海だけではなく、街の中心、ダウンタウンを散策してみることをおすすめする。

次回は「サンタバーバラ観光(郡庁舎) 」です。

シンタ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中