カメラ教室(個人レッスン)

お台場から撮影したレインボーブリッジの夜景

お台場から撮影したレインボーブリッジの夜景(クリックで拡大)

 人と人との付き合いは大事にしたい。しかし習い事の場合においてはちょっと話は別である。少人数のグループレッスンも悪くないが、私は多少値段が高くとも個人レッスンを好む。一応言っておくが人嫌いではない、逆に好きなくらいである。自分で言うのもなんだが、周囲に気を遣いすぎる性格のためか、自分のための習い事がいつの間にか他の生徒のサポート役に回っていたり、場を盛り上げようと奮闘する方に集中してしまうのである。なんとも「メデタイ」性格なのであるが故、しっかりと学ぶにはやはり個人レッスンが私には最適なのである。では、私が最近レッスンを始めたのは何なのか?そう、それはタイトルにもある「カメラ教室」なのである。

以前からそれなりに値段の張ったカメラは持っていたのだが、シャッタースピードや絞り、つまり露出の原理や他の便利機能を全く使いこなせておらず、気がつけば中古として売り払っていた。そんな私が呆れたことに、また最近ミラーレス一眼を購入したのだ。懲りない奴だな、とお思いの方も多いはず。高価なカメラを購入しても常に自動設定(AUTO)にダイアルを合わせて使っているだけで、それだったら、普通のデジカメで十分やんけ (゙ `-´)/ コラッ!! とツッコミを入れられる前に自分でもどうにかしなければ、と重い腰を上げてカメラの基礎を学ぼうという気持ちになったのである。

他にもカメラを学ぼうと思ったきっかけがある。以前このブログに書いたが、プロレス初観戦 の際にミラーレスカメラで我がジムトレーナーでありプロレスラーである吉野選手の勇姿を撮影したのだが、リング上はもちろんライトが当たりそれなりの明るさではあったが、結局は室内であり、しかも自動設定(AUTO)で撮影していたため、プロレスをする素早い動作に到底カメラが追いつけるはずもなく、結果は惨敗。結構な数を撮影したのだが、たまに偶然うまく撮れたものがあるくらいであった。これはイカンと思った私は、カメラを真剣に学ぼうと思いたったのである。

では、どのようにしてこの教室を探したかというと、やはりインターネット検索である。本当に便利な世の中になったと思う。何か調べたいと思ったら昔は雑誌を購入したり人から情報を集めたりしたものだが、今ではインターネットから検索すれば大抵のことは調べられる。そんな便利なネット検索で数多くヒットしたサイトの中から私が吟味して選んだサイトが「習い事・趣味から資格取得まで」と謳っている Cyta.jp である。決めた理由はいくつかある。近所でレッスンが可能で、60分のプライベートレッスン料金が3,700円と、高すぎないところ。また、自分の空いている時間を有効活用できるのもいい。毎週何曜日の何時からレッスン、というものではなく、自分のペースでレッスンを申し込みめばいい。つまり、週一でも月一でも構わない。レッスンをしたいときに予約をすればいいだけなので気持ち的にも楽である。しかし、当然のことながら教えてくれる先生が最も大事な要素なのは言うまでもないが、こればかりはサイトに掲載されている写真とメッセージだけでは伝わる訳もなく、実際に会ってみなければ何とも言えない。会ってからのフィーリングである。そこで、このサイトに決めたもう一つの理由は、気に入るまで何度でも登録されている先生と60分無料レッスンが受けられるということである。幸いなことに、初めての無料レッスンを受講した際の先生がとても教え上手で、私のような頭の回転が鈍い人間にも分かりやすくカメラの基本を説明してくれたので、あっさりとその先生に決めたのである。

そして今日2回目のレッスンは新橋駅からゆりかもめ線に乗り、台場駅まで行った。そう、今日はお台場からレインボーブリッジの夜景撮影レッスンである。特に決められたレッスン課題があるわけではないので、自分が何を撮影したいか先生に相談すると、それに合わせて座学でレッスンするかフィールドに出て撮影レッスンするかを決めてくれる。そして今日はお台場までやってきて夜景撮影となったわけである。一つここで気をつけなければならないのは、フィールドに出た場合、先生の交通費である電車賃は生徒が持つことになる。あまり遠出をすると、とんでもない電車賃を支払わなければならないので留意しておく必要がある。指定された場所での座学であれば交通費は発生しない。

今日は先生と台場駅で待ち合わせをし、17:45から19:45までの2時間のレッスンを受けた。1時間毎のレッスンではなく、このように2時間続けて受けることも可能なのである。もちろんレッスン料金は3,700円×2時間=7,400円となる。

残念ながらこの日は曇りだったため、サンセットは撮影できず、また、日が落ちてから暗くなるまでのあいだのマジック・アワーの景色も残念ながら撮影できずにいたが、それでも綺麗な夜景を撮影することができた。絞りを優先し、露出補正やホワイトバランスを使いながら夜景撮影を楽しんだ。やってみると意外とシンプルな操作で夜景は撮影できることがわかったが、それでもまだまだカメラは奥が深い。次回はボケの撮影法を学ぼうと思っているシンタであった。

シンタ

広告

カメラ教室(個人レッスン)」への2件のフィードバック

  1. カメラ教室おもしろそうですね~
    自分も世界一周中に何千枚と写してきましたが、その中でお気に入りは100分の一くらい・・・せっかくのシャッターチャンスもカメラの操作が上手くできず悔しい思いをしました。ぜひ撮影した写真をアップしてください。期待してます。

  2. そうなんよ、結構楽しくやってます。プライベートだから何でもかんでも聞けちゃいます(笑)。今日はまたプロレスを見に行ったのですが、やはり室内での撮影は難しいです。でも、以前よりは腕を上げたと自分では思います。今月はサンフランシスコ旅行があるので、沢山撮影してきます。帰ってきたらアップしますので、お楽しみに!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中