ドルチェグスト ジェニオ2 

ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ

ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ

2014年1月25日に本ブログで紹介したコーヒーメーカー(上記写真)「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」を購入してからかれこれ3年になろうとしている。時が経つのは本当に早いものである。あの頃はコーヒーに夢中で、毎日のように飲んでいたが、3年という短いようで長い期間に私のコーヒー好きはいつの間にか冷め、そして気がつけば紅茶派になっていたのである。

しかし今日は紅茶の話ではなく、年末の大掃除により発見された「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」の衝撃的な結末と、その後について話してみたいと思う。

早いもので今年も後1か月ほどで終わってしまう。そして毎年恒例の大掃除の季節がやってくるのである。毎年年の瀬になってから慌てて掃除をするハメになっているので、今年は少し早めに始めようと思い立ち、まずは簡単に手入れができそうな「バリスタ」から始めようと、取り外せる部分を外し始めたその時、恐ろしいものを目にするのである。それは、インスタントコーヒーの入っている部分なのだが、なんと、白カビが生えていたのである。(ギョエー!!キッタネ~(゚д゚lll))。

まあ、それもそのはず。今年に入ってからこの「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」を何回使ったのだろう、と思い返しても思い出せない。それほど放置状態だったのである。春が過ぎ、梅雨のうらめしい湿気の季節を乗り越え、そしてクソが付くほど蒸し暑い夏を過ぎここまでやってきたのだから、当然ながらカビも生えるであろう。私は放置状態にしていたことに多少の後ろめたさを感じながら、しこしことクリーニングをし始めたのであった。

そして新品同様にきれいになった「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」は近くのリサイクルショップに引き渡され、そしてコーヒー好きの誰かの許へと旅立っていったのであった・・・おわり・・・(ちが~う!!)。まだつづくっちゅーの!!

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ2

さて、ここで物欲が人一倍強いシンタは、普段紅茶や日本茶を飲んでいるにもかかわらず、コーヒーメーカーが家に無いことに当然のことながら不満を覚えていったのである(厄介な性格である)。そして、ふと気づいたのである。旅立っていった「ネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタ」は上部のプラスチック容器にインスタントコーヒーを大量に入れておくため、毎日飲む人や大勢の家族がいる家庭にはうってつけなのだが、私のように毎日飲むわけでもない人間には不向きなコーヒーメーカーなのだと(今更気づいたんかいっ!)。

そこで、都度新鮮なコーヒーを淹れて飲める専用カプセル抽出式の「ネスカフェ・ドルチェグスト・ジェニオ2」(上記写真)をさっそく貯まっていたAmazonポイントで購入したのである。一杯当たりの単価は前のバリスタより高くなるのだが、毎回新鮮なコーヒーが飲め、カプセル式なので、以前のように大量のインスタントコーヒーを無駄にすることもなくなったので「よし」としたのである。専用カプセルの種類も現在では15種類以上あり、これから更に増えていくこと間違いなしである。手軽に本格的なコーヒーを飲めるので、最近ではまた「マイ・コーヒー・ブーム」再来の予感さえするほどである(気が多いだけのような???)

( ̄▽ ̄;)!!ゴーン

シンタ

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中